こんな事もあったのですか

昨年の暮れに鑑定団で日本産のウイスキーが出ていいましたが昔から取り上げいたのがもう一つあったと言う。
昔からあるのがサントリーとニッカウヰスキーだけと言うが実はもう一つこうしたウイスキー工場があった。

この工場も日本産のウイスキーを生産した事で戦前には3社あったと言う事になる。
NHK朝の連続テレビ小説でモデルとなったのが「ニッカウヰスキー」だったと言う。

これでも日本で生産していた事はちょっと知らなかった所もある。
実は戦後にお酒の種類が増えた事もあったのかこの影響で倒産になったと言う。

こうした事でウイスキーを日本で生産していたのが3社だった事がわかったがこうした影響もあると思った。
古いウイスキーでもいい値段となりますがラベルがそのままだと高額になっていたらしい。

時代が流れていたのか虫食いがあった事でこの様な値段になったと言う。
しかし、かなみはそのままだった事でこうした値段になっていたと思うが飲んでみたいと思う人もいる。

最近はこうした工場もあるので熟成していくと味がどうなるのか気になる人もいますが味がどうなるのか気になる。
そのまま飲んでもいいが最近は炭酸水を入れた「ハイボール」でも飲む人もいると言う。

古いウイスキーはどんな味なのか興味深々だと思っているかも知れない。
こうした勇気がいる事で更に古いの酒があるのか気になる所だと思っているのです。

クレンジングが大嫌い!

私はクレンジングが大嫌いです。
肌をきれいにするためには、まずはクレンジングが大事、っていうのは良く分かるんですが、夜は疲れきっていて洗面所に立つ気にもなれません。

そんな私のクレンジングは、夜は拭き取りクレンジング、朝のシャワーの時にオイルクレンジング、と2段階のクレンジングをしています。
夜は、ビオレの素肌つるるんクレンジングウォーター、朝はアテニアのスキンクリア クレンズオイルを使っています。

夜のビオレのクレンジングは気に入っています。水分を良く含むコットンに染み込ませて使っています。
ビオレと言えば、シートタイプの物が有名ですが、あれは私には物足りなかったので、好きなだけ使えるクレンジングウォーターを使っています。

少し前までduoクレンジングバーム 500円で使用していましたが、今は使ってません。

朝のアテニアのオイルクレンジングは気に入っていないので、無くなったらHABAのオイルクレンジングに戻します。この間、マナラのホットクレンジングなども試しましたが、今ひとつ気に入ったものに出会えなかった、というか、HABAのクレンジングオイルの優秀さに私が気付かなかったので、元に戻したいと思います。
初めはシュウウエムラのクレンジングオイルを使っていたのですが、買いやすさの面でHABAに変えたのですが、シュウウエムラと同じくらいコロコロと不要なものが取れていくので、優秀だ、とは思っていたのですが、色々と浮気をしてやっと本気でそれに気付きました。

本心では、夜にオイルクレンジングでしっかりと汚れを落として、っていうのが理想なのですが…。
生活習慣を整えて、きちんときれいになる生活をしたいと思っています。

家族について思うこと

私は一人暮らしの身ではありますが現在の職場が実家からとても近いこともあり、最近はしょっちゅう実家にお世話になっています。
自宅からだと交通機関諸々を駆使してかれこれ40分ほどかかる職場が実家からだとその距離徒歩10分という驚きの近さなので日に日に自宅に帰るのが億劫になる今日この頃(着替えなどほぼ自宅なので必然的に帰らないといけませんが)
父も母もとっくに定年を迎え、現在は父がご飯を作りその他の家事を主に母が行っている形です。
父などは私が帰ってくると『また帰ってきた!』とよく冗談めかして煙たがるような言い方をしますが、それでもちゃんと私の分のご飯を用意してくれます。
自宅は私一人なので帰ってご飯が用意されているはずもなく、コンビニか途中で外食して帰るかのいずれかが実家を出てからの数年は当たり前になっていました。
それが今の職場になってから約1年、週に幾度かではありますが再び家族と食卓を共にする生活が戻ってきています。
よく家を出てから親の有難みがわかると言いますが本当にその通りで、帰ってからすぐに温かいご飯を食べられる喜びを実感しています。
就職してからわりとすぐに実家を出て、仕事や遊びを優先してなかなか実家に寄り付かない親不孝な娘でしたが、いつもこうして温かく迎え入れてくれる家族に感謝しかありません。
今まであまり親孝行してこれなかった分、少しずつでも恩を返していけたらなと思うばかりです。

太る生活と痩せる生活の違い

よく太っている人は「痩せたいね。」とか「いいよね。○○さんはやせていて。」「なんで自分はやせないのかな」といっている人が結構いるのですが、言っていることとやっていることが矛盾していることが多いです。

痩せたいといいながら好きなものを食べたいだけ食べて、かつ、運動はしないという生活を続けているのです。
もちろん「楽してやせたい」という目先のことしか考えていないという証拠です。

逆にスリムな人はというと、「痩せたいね」という会話ではなく、「○○(観光地)に行きたいね。」や「いい温泉やスパがあるけど今度行く?」やイベントを楽しむ会話が多く、好きな食べ物を好きなだけ食べる生活ではないので、自然と心が楽しめるような生活をしているのです。

このような行動は自然に体を動かすことを中心に生活をしている証拠で、将来的に寝たきりを防ぐ効果があるのです。

また、食事のバランスもよく考えいているのもスリムな人の特徴で、バランスの悪い食事が続くと体調が悪くなるということがわかるのもスリムな人の証です。

また部屋をきれいにしているかどうかを見るだけでも太る生活かスリムな生活かを知ることができます。
太っている人の部屋を見てみるといわゆる「汚部屋」で物が散乱していて足の踏み場もない状態の人もいます。

その一方でスリムな人の部屋は見事に整理整頓されていてかつ、毎日掃掃除がしやすい部屋になっているのです。
クレンジング酵素0はここが素晴らしい!

やっぱりですね

日本ハムからフリーエージェントをしていた陽選手に動きがあった。
オリックス入りを断って楽天か急遽獲得に乗り出した巨人との再び一騎打ちとなった。

熱心に交渉はしていたと言うが陽選手からファックスで「他の球団へ行く」と表明をしたと言う事になる。
関西よりか関東の球団がいいと思われたが楽天がどう攻めてくるのか注目があると思う。

楽天は星野さんの交渉をして話し合いまでしていると言うがここに来て巨人が獲得を名乗りを上げている。
久々にFAフリーエージェントで選手を獲得をしていると言うが投手2名獲得した。

今度は打線の強化となるとこの選手しかないと言う事になると言う。
しかし、巨人に負けたくはない星野さんもいずれは熱い交渉をして入団をしようとしているかも知れないと言う事になる。

この様にして交渉をしていると言うが年俸よりかやはり在京などこうした慣れた環境がいいと思ったかも知れない言う。
近日中には決まる公算もあるかも知れないと言うが巨人入りもあるかも知れないと言う事になる。

断りの連絡があると決まる事になるのでこれからどっちになるのか注目となると思われていると言う事になってしまう。
今年は巨人が当たり年なのかどうなのかこれから気になる所だと思っているのです。

新人の洗礼が見られないのでは

アメリカ大リーグの新労使協定の詳細が明らかになったと言うが新人に行っていた行事がなくなると言う事がわかった。
それが「仮装」となるがこれが見られないと言う事になる。

この伝統の行事は毎年ルーキーが行っている事で試合後この様な衣装を着て出ると言う行事になっている。
日本人メジャーもこの様な体験もしている選手もいる事でニュースにもなったと言う。

いろんな選手もしてきましたが今年は前田健太投手もスタッフと一緒にしたと言う。
しかし、新しく労使協定には「いじめや嫌がらせ禁止」条項が入った。

実はアメリカのプロスポーツ界でもこの様ないじめなどこうした事が起きてる事で禁止する所が多いと言う。
また、この様な事が起きると処分も下されることもあるので守られている。

このアメリカ大リーグ伝統のルーキーに行っている仮装もいじめに相当なのか非常に気になると思われている。
こうした事が見れないのは残念な所もあるがいじめになる事もあると言うので仕方がないと言う。

これに代わる儀式が出来るのかどうなのかわからない所もあると言う事になる。
日本でも日本学生野球はいじめなど起きると会議を開いてこの様な事で処分は下されていると言うがこれでも止まらない。

中には仕返しされることもあるので難しいと思っている所もあると言う事になる。
アメリカ大リーグを見習う事もあると思っているのです。

パートの古株の意地悪おばさんはどこにでもいるのかな?

スーパーのパートさんの戦いがある漫画を読みました。
古株のパートさんたちが、スーパーの中で傍若無人に振舞っているという内容でした。

主人公の新人パートさんもいじめや嫌がらせにあいます。
古株さんは、スーパーのものを勝手に食べたり、休憩時間じゃないのに、勝手に、休息し、お茶を飲んでおしゃべり三昧とか酷いものでした。

新人パートさんがその事態に立ち向かって、店長さんに訴えたり、古株さんに言い返したりと反撃をします。
後には、新人さんは、スーパーのお金を盗んだという濡れ衣まで着せられて、気の毒でした。

最後に古株さんの悪事が店長さんにバレて、ハッピーエンドになりました。
ところで、私も、学生の時にバイト先でこの古株パートさんに遭遇したことがあります。

それは早朝バイトのパン屋さんの古株のおばさんでした。
おばさんは、漫画のように私を突き飛ばしたりはしませんでしたが、しゃべること全部が嫌みでした。

私に対してだけではなく、パン屋で働いている人みんな被害にあっていました。
その嫌みはとどまることを知らず、パン屋の社長の悪口にも発展しました。

おばさんはさすがに社長がいないところで言っていたのですが、ある日、工場内のすべての会話が社長室で聞かれているということが発覚しました。
その日から、おばさんは嫌みを全部ストップしてややいい人に変わりました。

ちょっと、面白かったのを覚えています。

ママ友付き合いは軽くがいいかも

以前、ママ友問題がたくさん勃発する幼稚園のママさんたちのドラマがありました。
それは、セレブの子供たちが多く通う私立の幼稚園の話でした。

主人公は、たまたまそこに通う事になった、一般庶民というような設定でした。
ドラマが進むうちにいろいろとママ友問題が出てくるのですが、あるママさんは、庶民なのに、セレブの暮らしに憧れ、着飾り、高級レストランでのランチ会などに無理して行っていました。

家計は火の車となり、怪しいアルバイトをするまで追い詰められていました。
でも、これって、ドラマだからではないんですよね。

ここまで、すごいのは、ないかもしれませんが、現実にも、セレブでなくても、ママ友達との輪から外されるのが嫌で、金銭的なことや心情的に無理して、他のママ友達にあわせて、自爆するママ友達を結構見たことがあります。

酷い人になるとあまりに無理をし過ぎたために、心をほとんど病んでしまって、体中に蕁麻疹が出るなどのストレスを抱えたママさんもいました。

私は、すごく冷めていたので、自分の心に反することはしなかったし、あちらでいい顔こちらでいい顔をするママさんたちからは、スッと離れていました。

ママさんといえば、人の親であり、大人なのに、まるで小学生にもどったかのようないじめや悪口などがあるとはと驚いたものです。
ママ友つきあいはサラッと上辺だけが一番かと思います。

夫の優しさ

ケーキ、パン好きの私。
育児で疲れているだろうと思い、たまにケーキやらパンを買ってきてくれる。

10回買って2,3回美味しいと当たればいいところなのだが、いつも選んで買ってきてくれる気持ちはかなりありがたい。
ありがとうと思いつつも、全然美味しくないものに当たったときにはどうしようかと思う。

美味しいと言って、また同じもの買ってこられても困るし、美味しくないと言うのはひどいなぁと。
でも夫は大体私の食べた時の表情で汲み取ってくれる。

私も嘘つけないタイプなので、はっきり言ってしまうのだが。
一時は頻繁に買ってくれていたが、もう一通り買い尽くしたのか、よほどのことがない限りあまり買ってこない。

私に何言われるかもわからないから余計に買えないのかな。
最近は買ってきてくれる時、絶対に私が間違いなく好きなもの1つ、ちょっと冒険したもの1つを買ってきてくれるようになった。

間違いなく私の喜ぶ顔が見れるからだろう。
私の毎日のイライラをいかに解消させるか、すごく考えてくれているのだと感謝。

自分の仕事で大変な時にも私のことを気遣ってくれる。
少し申し訳なくなったりするので、食事のときに好きなものを増やしたり、健康のことを考えて作ったりしている。

気づいてくれているからお互いにうまくいっているのであろう。

寒い中の運動会

もうすぐ運動会。
今年は初めてのお手伝いをすることになった。

子供三人いて初めての幼稚園のお手伝いだ。
今まで常に小さい子を連れていたので、手伝うにも逆に邪魔になる感じで参加していなかったのだ。

今回運動会の予行練習は末っ子長男も幼稚園で練習があるので、私一人で動けるし、当日も夫がいるので何とかできそうなのでやることにした。
初めてなので、何をどうすればいいのかもわからず、かなりドキドキしている。

幼稚園によって、いろいろとやることは違うのだろう。
通っている幼稚園は児童数が少ないので先生も少ない。

ということは人手がないので、お手伝いはけっこういろんなことをさせられるらしい。
まぁこんなことしかお手伝いできないので、いろいろ進んでやっていこうと思う。

予行練習のときには給食が出るらしい。
ちょっとした報酬だ。

給食は年長さんの親子交流会のときに食べて以来、2回目。
幼稚園で作られたものではないので、外で食べるお弁当みたいなものなのだが、それを出してもらえるのはかなりありがたい。

しっかり働かないとね。
当日は朝からお弁当も作りつつ、早めに集合したりするのかな。

大変そうだけど、役員になるより単発的な感じで楽かな。
当日、雨降りませんように。

女性との話し方