ドローンが接近するのを防ぐ技術についてのニュース

首相官邸に不時着していたことが分かり大騒ぎになった小型無人機ドローンについての記事が最近多くなってきていますが、今日のドローンの接近についていろいろな対策が考えられていることが紹介されていました。法律で重要施設に接近させた人に対する罰則を設けたり、許可制にすることが進められていますが、個人的には反対です。昔からラジコンがあるのにもかかわらず、法律で処罰されなければならなくなったのかの背景があいまいだからです。もともと気づかれずに接近を許した方が悪いのであり、これを感知する方が先だと思っていました。
本日の記事では、警備会社が接近するドローンのプロペラの音を聞き分けるセンサーで、機種まで判別できる技術を開発しています。これに画像センサーと組み合わせると不審なドローンの監視ができる優れものです。
家での防犯対策は進んでいて、近所でも半分の家に警備会社のシールが張られている状況から、ドローン対策は今後どんどん進んでいくと思います。今回の音響センサーの技術は楽しみです。
さらに感知するだけではなく、妨害電波で不時着させたり、強力な水圧で撃退したり、ネットで捕獲する技術開発もすすんでいるみたいですが、決定的なものがないようです。いまは一部の悪意ある人が故意に事件を起こしているので、大事件にはなっていませんが、今後ドローンが普及してくると対策は必ず必要になります。インターネットのセキュリティ対策と一緒だと思うので、ドローン対策をがんばってほしいです。