家族について思うこと

私は一人暮らしの身ではありますが現在の職場が実家からとても近いこともあり、最近はしょっちゅう実家にお世話になっています。
自宅からだと交通機関諸々を駆使してかれこれ40分ほどかかる職場が実家からだとその距離徒歩10分という驚きの近さなので日に日に自宅に帰るのが億劫になる今日この頃(着替えなどほぼ自宅なので必然的に帰らないといけませんが)
父も母もとっくに定年を迎え、現在は父がご飯を作りその他の家事を主に母が行っている形です。
父などは私が帰ってくると『また帰ってきた!』とよく冗談めかして煙たがるような言い方をしますが、それでもちゃんと私の分のご飯を用意してくれます。
自宅は私一人なので帰ってご飯が用意されているはずもなく、コンビニか途中で外食して帰るかのいずれかが実家を出てからの数年は当たり前になっていました。
それが今の職場になってから約1年、週に幾度かではありますが再び家族と食卓を共にする生活が戻ってきています。
よく家を出てから親の有難みがわかると言いますが本当にその通りで、帰ってからすぐに温かいご飯を食べられる喜びを実感しています。
就職してからわりとすぐに実家を出て、仕事や遊びを優先してなかなか実家に寄り付かない親不孝な娘でしたが、いつもこうして温かく迎え入れてくれる家族に感謝しかありません。
今まであまり親孝行してこれなかった分、少しずつでも恩を返していけたらなと思うばかりです。